1. HOME
  2. ブログ
  3. プリント基板
  4. プリント基板とは?種類やどんな電子機器製品に使用されてるのかを解説

BLOG

ブログ

プリント基板

プリント基板とは?種類やどんな電子機器製品に使用されてるのかを解説

プリント基板とは

プリント基板は、私達の生活でとても身近な物に使用されています。

携帯電話・PC・テレビなどもそうですし、医療機器・自動車業界・航空機業界などまだ他にも色々なところで使用されています。

今、私達の身の回りにある電子機器は、どれもコンデンサやトランジスタなどの電子部品が使用されています。

それらを、上手くまとめる為にもプリント基板は必要な部品なのです。

今回は、プリント基板とは何かわかりやすく徹底解説や、種類やどんな電子機器製品に使用されてるのかなどについてご紹介していきます。

プリント基板とは何?

プリント基板とは

プリント基板は、現在、流通している色々な電子機器に使用されている主要部品の一つです。

そして、色々な電子部品で回路を作成する時に、その部分同士固定して配線接続する為の部品の事を総称してプリント基板と言います。

一般的には、絶縁体の板にICや抵抗器・コンデンサ・トランジスタなどの部品をくっつけて、その部品の間に銅箔で配線を張り付ける役割があります。

コンデンサ・トランジスタなどの電子部品を、電子機器の内部に収める為にプリント基板は必要不可欠な精密部品なのです。

また、今日の電子機器・電子製品などの高性能化にも、プリント基板が大きく貢献しています。

ですので、今となってはありとあらゆる電子機器製品にとって、欠かすことが出来ないくらい重宝されている部品です。

プリント基板の種類とは

プリント基板とは

プリント基板は、実際に電子部品に回路がプリントされているわけではありません。

作成の作業工程のなかで、保護層印刷などの工程はありますが、直接、プリント基板に回路がプリントされているのではなく、名前だけです。

そして、なぜプリントと呼ばれているのかは明確にはなていなくて諸説が色々とあります。

プリント基板の種類は、いくつかあるのですが一般的には、絶縁板に銅箔で配線を実装し、複数の基板を張り合わせた多層基板や層間接続をして導体層を積み上げるビルドアップ基板が主流になっています。

他には、以下のような種類があります。

リジッドフレキシブル基板

リジット基板とフレキシブル基板を合体させたプリント基板を、リジットフレキシブル基板と言います。

柔軟性かつ高強度を兼ね備えおり、電子部品の実装がしやすいという特徴があります。

ビルドアップ基板

多層プリント配線板上に絶縁層を作り、表面に導体パターンをつくる作業と、絶縁層にビアと呼ぶ細かな穴をあけてメッキで繋ぐ作業を繰り返す事で、多重層を形成したプリント基板をビルドアップ基板と言います。

今でこそ、プリント基板の種類の中では最も多く使用されているもので、1980年代の高性能コンピューターの部品として使用されている歴史があります。

リジッド基板

硬い銅やエポキシ樹脂の部品が使用されている事が多い為、高強度を実現できているタイプがリジット基板と言います。

ゆえに、電子部品に使用しやすいという特徴があり、リジット基板も多くの電子機器・電子製品で使用されています。

フレキシブル基板

リジット基板の高強度と対象的なタイプが、フレキシブル基板です。

柔軟性のある、プラスチックフィルムが使用されたプリント基板で、柔らかいので折り曲げる事も可能です。

電子機器の可動部などに使用される事が多いです。

片面基板

片面だけに印刷や電子部品がくっつけられたものを片面基板と言います。

あまり複雑な、電子回路には使われないものの低コストで生産できるという特徴があります。

両面基板

両面に印刷や電子部品をくっつけたリジット基板を、両面基板と言います。

片面基板と比較して、こちらは複雑な電子回路の使用に向いています。

しかし、その反面、生産費用がかかってしまうという一面もあります。

プリント基板は、どんな電子機器製品に使われてる?

プリント基板

現在、プリント基板は、私達の生活の中でとても必要な電子機器製品などに使用されています。

医療機器や自動車・航空機・船舶・産業ロボットなどや、ウェアラブルデバイス・IT機器など、まだまだ細かく分けるとキリがなくらい幅広いものに使われています。

ですので、現在、使用されている電子機器製品がここまで高性能化を実現できた背景には、プリント基板の役割が大きいのです。

普段、私達はあまり電子機器製品の内部構造まで知る機会は少ないでしょう。

また、興味を持たないとなかなか、内部の部品はどんな仕組みなのか知りたいと思わないので、プリント基板という部品の言葉すら知らなかった人も多いのではないでしょうか。

プリント基板とは何のまとめ

プリント基板は、色々な電子部品で回路を作る時に、その部分同士を固定して配線接続する為の部品の事です。

絶縁体の板にICや抵抗器・コンデンサ・トランジスタなどの部品をくっつけて、その部品の間に銅箔で配線を張り付ける役割があり基板の種類も色々とあります。

現在、電子機器製品の高性能化を実現できているのは、プリント基板のおかげでもあります。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事