1. HOME
  2. ブログ
  3. プリント基板
  4. プリント基板の構造は超複雑?構造や仕組みについて一挙公開!

BLOG

ブログ

プリント基板

プリント基板の構造は超複雑?構造や仕組みについて一挙公開!

プリント基板 構造

プリント基板は、電子機器部品・精密機器部品などに使用されていて、それらは電化製品や自動車・船舶・IC機器など、私達の生活において欠かせない便利製品として生産されています。

プリント基板があるおかげで、機器内部の電子回路を一つにまとめる事ができ、空いたスペースを有効活用できたり製品の小型化が実現できるのです。

今回は、プリント基板の構造・仕組みなどについてご紹介していきます。

プリント基板は何に使われているの?

プリント基板とは、パソコン・テレビ・自動車・船舶・IC機器など色々な電子機器・精密機器に使用されています。

プリント基板が、組み込まれていなければ、どの製品も稼働する事ができないので、なくてはならない大事な精密部品なのです。

パソコンやテレビなどは、誰しもが所有している物ではないでしょうか。

なので、それらを分解して電子基板回路を見てみる事で、プリント基板が使用されている事がわかります。

そして、プリント基板には【プリント回路板・プリント配線板】が組み込まれていて、どちらが欠けても正しく機能しません。

この2つを総称して、プリント基板と呼ばれているわけなんですね。

その目的は、電子回路を構成する電子部品同士の電気的な繋がりを持たせるものです。

プリント基板の正式名称

プリント基板は、英語表記で「Printed Circuit Board」と呼び、イニシャルをとって「PCB」と呼ばれています。

プリントと書いてあるので、実際に回路をプリントするのかと思いがちですが、そうではありません。

プリント基板の作成の作業工程のなかで保護層印刷の工程はありますが、なぜ正式名称がPrinted Circuit Boardと呼ばれているのかは諸説あると言われています。

名前に関しては、それほど重要ではありませんので、気にしなくても大丈夫でしょう。

大切なのは、その構造・仕組みなどを理解して複雑なのかや、どんな製品に使用されているのか知る事で、後々、プリント基板を自作したいと思った時に役に立つでしょう。

プリント配線板

プリント配線板とは、電気回路の配線を絶縁体からなる板の表面部分や内部にプリントした基板の事です。

つまり、部品を装着する前の状態の事になります。

プリント回路板

プリント回路板とは、電子部品がはんだ付けによって取り付けられたプリント基板の事です。

プリント基板には、プリント配線板・プリント回路板の両方が欠かせないですし、2つを総称してプリント基板と呼ばれています。

プリント基板の構造について

プリント基板の構造は、プリント基板自体に種類が色々とあるので、それによって仕組み・構造などが変わってきます。

おおまかに解説しますと、プリント基板は電子回路の配線を1本1本接続する必要がありません。

ですから、誤配線してしまう可能性を低く抑える事ができたり、短い時間での大量生産に優れています。

そして、基本となるプリント基板の構造部品は、電気を通さないエポキシ樹脂・フェノール樹脂で作られた絶縁体基材、通電部分は銅箔の伝導体を用いて、基板上に配線パターンが描かれるようになっています。

プリント基板の構造として、実装する電子機器部品・精密機器部品などの使用用途や、環境などを考慮したうえで設計されています。

また、プリント基板の材質の硬さ・柔らかさも組み立てる機器によって異なります。

例えば、折りたたみ式の携帯電話のように柔軟性が必要な物であったり、逆に硬くて丈夫なプリント基板が必要な製品を製造したり、設計されるプリント基板の仕組みは多種多様にあります。

片面基板

片面基板とは、配線パターンの印刷や電子機器部品・精密機器部品などの実装が片側のみに採用されているものです。

生産する際の、費用を低く出来るので大量生産するものに向いています。

両面基板

両面基板とは、配線パターンの印刷や電子機器部品・精密機器部品などの実装が両面に採用されているものです。

片面基板と比較すると、生産コストは高く付きますが、製造する際の予算が低い機器をつくるものに利用されています。

多層基板

多層基板とは、配線パターンをプリントした基材と絶縁体を、交互に重ね合わせたプリント基板になります。

PCや小型のAV機器などに使用されていて、主に4~8層の多層基板が使用されています。

これにより、実装面積を広くできるというメリットがあり、大型のパソコンなどはさらに何十層もの多層基板が使用されています。

プリント基板の構造のまとめ

プリント基板の正式名称は、「Printed Circuit Board」と呼ばれ、頭文字をとって「PCB」と名付けられています。

パソコン・テレビ・自動車・船舶・IC機器など色々な電子機器・精密機器に使用されていて、現代では、私達が快適で便利な生活をしていく上で欠かせない精密部品になっています。

そして、プリント基板の構造は片面基板・両面基板・多層基板などがあり、生産される製品によって、どの仕組みのプリント基板が最適なのか考慮したうえで使い分けられています。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事