1. HOME
  2. ブログ
  3. はんだ付け
  4. はんだごてとは?誰でも分かる使い方についてを一挙公開!

BLOG

ブログ

はんだ付け

はんだごてとは?誰でも分かる使い方についてを一挙公開!

はんだごては、はんだと言う材料を溶かしながらIC基板・電子部品などの接着に使用するものです。

その他にも、ダイオード・コンデンサなどを基板に接続をさせるときにも使用したり幅広い用途があります。

はんだごてには、ニクロムヒータータイプ・セラミックヒータータイプなどがあり、コンセントに電源プラグを差し込んで、コテ先を加熱して使います。

はんだ付け作業は、初心者でもすぐに取り掛かる事ができますが、上手に溶着できるようになるには熟練した技術が必要です。

今回は、はんだごての誰でも分かる使い方や、注意点などについてご紹介していきます。

はんだごてとは?

はんだごての役割は、はんだを溶かしてIC基板・電子部品などを接着させるための工具です。

材料のはんだには、ヤニ入りとヤニ無しがあります。

そして、はんだごてはニクロムヒータータイプと、セラミックヒータータイプなどの種類があります。

ニクロムヒータータイプは、二クロム線をはんだごての先端に巻いて、こて先の外側から加熱していきます。

金属に触れる箇所を直接、温めるので接着力が高くなりしっかりとくっつける事ができるんですね。

そして、セラミックヒータータイプはニクロムヒータータイプはこて先の内側のヒーターで温めていきます。

内側からの熱により、はんだごての先端の温度が安定し電力が逃げないように、しっかりとはんだ付け作業ができます。

はんだごてで準備するもの

はんだ付け作業をする時は、材料とはんだごてだけを準備すれば良いと言うわけではありません。

はんだ付け作業をすると、当然、電子部品やIC基板などに、はんだを溶着しますから、はんだのカスが出たりはんだごてにハンダがこびりついたりします。

そのまま使用し続けていると、上手く溶着できなくなったり、はんだが飛び散ってしまい周囲が汚れてしまいます。

なので、はんだ付け作業をする時は、危険な事が起きないようにや清潔に保つための準備が必要なのです。

【はんだごて作業で準備するもの】
・はんだごて
・はんだ
・コテ台
・スポンジ
・はんだ吸い取り器(はんだ吸い取り線)

はんだごての使い方

はんだ付け作業は、はんだごてを加熱して使用しなければいけません。

なので、コテ先が温まるまで数分間の時間がかかりますから、前もって、コンセントに電源プラグを差し込んではんだごてを温めておきましょう。

そして、その後に、はんだ付作業に必要な物の準備に取り掛かります。

はんだの準備

材料のはんだは、鉛フリーはんだ、有鉛はんだなどヤニ入りとヤニ無しがあります。

ですが、有鉛はんだは人体に有害な物質が含まれているので、最近では鉛フリーはんだの方が主流になっています。

ですので、初心者方は鉛フリーはんだを準備してはんだ付け作業をおすすめします。

はんだをあたためる

はんだ付けをする時は、はんだごての温度が約250度以上あがるものを使用するものがベストです。

はんだごての使い方によっては、スムーズに適温にできる温度が異なる場合もあります。

なので、溶着するものに合った設定温度を選ぶのがおすすめです。

そして、コテ先が十分温まったらはんだを温めて溶かしていきます。

はんだ付け

はんだごてが、十分に加熱されたら、いよいよIC基板や電子部品などにはんだを溶かして接着する工程に入ります。

はんだの量は、多すぎても少なすぎてもいけませんので、よく確認しながら適度に盛っていきましょう。

何度か、はんだ付けをしていると、はんだごての先端にはんだがこびりついたりしますから、濡れたスポンジ等で綺麗に取り除きながら使用します。

冷却する

はんだづけ作業は終わったら、溶着したIC基板や電子部品のはんだを冷却させる為に、風通しの良い場所に置きましょう。

はんだづけをして、すぐに接着させたはんだの部分を触ると、まだ固まっていなくて手についたり、剥がれて接着力が低くなってしまいます。

はんだごての注意点

はんだごてを、取り扱いする時は安全管理・危機管理が必要です。

コテ先を温めて使用する工具ですから、加熱したコテ先に触れると火傷を負ったり可燃物に触れると燃えて火事の原因になったりします。

また、はんだ付けをしている時だけではなく、一時的に、はんだごてを放置して置く場合にも注意が必要です。

コテ台を用意して、はんだごてをしっかりと固定しましょう。

はんだを溶かして、溶着している時は煙が出たり、はんだが飛び散ってしまう事もあるのでマスク・ゴーグル・防護服などを着用する事も大切です。

はんだごてとはのまとめ

はんだごては、コテ先を約250度以上の温度で温めて、はんだを溶かしてしようする工具です。

ニクロムヒータータイプと、セラミックヒータータイプなどの種類がありますので、はんだ付け作業に適したタイプを選びましょう。

はんだを溶かす際には、煙が発生したり溶けたはんだが飛び散ったりする危険性があるので、換気の良い場所で作業し火傷しないような対策をして作業してください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事